乙女座6度「メリーゴーランド」

メリーゴーランドに乗る人は、自分で乗り物の動きをコントロールしている訳ではありません。勝手に同じところをぐるぐる回ったり、馬が上下に動いたりします。周期的な動きのパターンを受容することで、それは活気ある体験になります。また乗っているのは自分一人ではなく、大勢の人が同じ動きのパターンで回転していることも、この遊具の楽しさの一要素になっています。

メリーゴーランドに乗る子供は、ただ静的にパターンを受け止めているだけではなく、「乗ってるよ〜!」という喜びを周囲に向けて表現します。動的な受容と、その表現が行われているのです。

ここでの馬は活力を、その上下運動は感情の浮き沈みを象徴しています。自分では制御できない周期性と活気ある感情の浮き沈みパターンをダイナミックに受け止め、それをデモンストレーションしている度数です。

スプレッド

1.メリーゴーランド

このカードは、自分では制御できない周期性と活気ある感情の浮き沈みのパターンの、ダイナミックな受容の体験を示しています。それはデモンストレーションされているものでもあります。

リーディング結果

1.メリーゴーランド:ソード6逆

周期的な意志疎通のできなさ、という感情の浮き沈みのパターンを受容し、それをデモンストレーションしている。ダイナミックな「話が通じねえ!」という感情の浮き沈み。


サビアンシンボルからタロットのスプレッドやワークを作っています。「そのサビアンシンボルの意味を探る」のではなく、「その度数におけるその人の発達の状態」を読み解く取り組みです。しかし個人の発達状態を通じてサビアンシンボルの元型を透かし見ることもできるかもしれません。
参考にしているのはサビアン研究会での学びと、ルディア「An Astrological Mandala」「The Astrology of Personality」、ジョーンズ「The Sabian Symbol In Astrology」。

0 0 投票
Article Rating
通知
0 Comments
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る
nv-author-image

TAZN

タロット占いのご相談を受ける傍ら、タロットを使った魔術的ワークや自己探求のためのスプレッドを開発。 リーディングのコーチとしても活動。実践・研究の場「TAZNのタロットサークル」主催。 ゾンビタロットの使い手。 (TAZNのワークをイベントなどで使用したい場合はご一報ください)