乙女座16座「動物園で、子供たちはオランウータンと対面する」

オランウータンは原始的な野生の力の象徴です。子供たちの中にも、原始的な動機や粗野な深層のエネルギーが隠されています。こうした力は緊急事態に対処する際に使うこともできますが、力に無知のままだとその粗野さや暴力性によってなんらかの過ちが犯されるかもしれません。そうしたエネルギーは導き出され、客観的に対面し、自分の人生の要求を満たすために洗練させる必要があります。子供たちとオランウータンの出会いは、こうした対面を象徴しています。

14度家系図、15度先祖からの家宝と来て、16度ではさらに過去をさかのぼり先祖返りが起きているようにも見えます。先祖のハンカチなどといった上品さが通用しない、より根源的で生々しい原始の動機やエネルギーとの対決が起こっています。しかしそれはあらゆる状況に対処するためのリソースともなるのです。

スプレッド

1.子供たち
2.オランウータン

子供たちは、無知の罪を繰り返す可能性を示します。

オランウータンは隠された動機と深層のエネルギー。これは導き出され、客観的に直面する必要があります。そうすることでこの動機とエネルギーを自分の人生のために洗練させていくことができる、と読みます。

リーディング結果

1.子供たち:死
2.オランウータン:ペンタナイト

子供たちは、無知のあまり「もうやめちゃえ!」「もう捨てちゃえ!」と用意に物事を止めてしまう罪を犯す可能性。

オランウータンはペンタナイト。継続的な活動によって価値を作り出していくという、隠された動機やエネルギーがある。これを引き出して「もうやめちゃえ!」という不用意な停止と共に客観視する必要があります。


サビアンシンボルからタロットのスプレッドやワークを作っています。「そのサビアンシンボルの意味を探る」のではなく、「その度数におけるその人の発達の状態」を読み解く取り組みです。しかし個人の発達状態を通じてサビアンシンボルの元型を透かし見ることもできるかもしれません。
参考にしているのはサビアン研究会での学びと、ルディア「An Astrological Mandala」「The Astrology of Personality」、ジョーンズ「The Sabian Symbol In Astrology」。

0 0 投票
Article Rating
通知
0 Comments
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る
nv-author-image

TAZN

タロット占いのご相談を受ける傍ら、タロットを使った魔術的ワークや自己探求のためのスプレッドを開発。 リーディングのコーチとしても活動。実践・研究の場「TAZNのタロットサークル」主催。 ゾンビタロットの使い手。 (TAZNのワークをイベントなどで使用したい場合はご一報ください)