獅子座12度「幻想的なランタンに照らされた芝生での大人たちのイブニング・パーティー」

大人たちがファッショナブルな環境で、それぞれに歓談したりゴシップに花を咲かせています。日常の仕事から離れ、集団でのリラックスがあります。パーティの華となるための自己表現には無限のやり方があり、いろんな人がいろんな方法で着飾って自分の個性を発見しますが、成し遂げたことを仲間に認めてもらわなければ意味がありません。ここではそのための洗練された社交や交際が行われています。

11度には子供たちの素朴な遊びが行われていましたが、12度では大人たちの社会的な交際があります。ブランコではしゃぐ子供と、お酒で活発になった会話の対比です。

3度若々しい服装の中年女性、4度正装の男性、6度古風な女性とヒッピー少女のときのように、ここでもファッションや外見に注目されています。6度で自分とは違う姿の相手を前ににらみ合いのようになったのに比べ、ここでは集団の中で他者との自己表現に「差異」があるからこそ認めあえ、個性に価値が見いだされているようです。

スプレッド

1.ランタン
2.パーティ

ランタンは、社交が行われているファッショナブルな環境です。

パーティは、仲間からその価値を認めてもらう自己実現の方法を示します。

リーディング結果

1.ランタン:ソード9
2.パーティ:審判

ファッショナブルな思考で答えのない問いを考え続けていくソード9のランタン。

審判は大どんでん返しをすることによって仲間から自己表現の価値を認めてもらう。

自己表現の方法がかなり烈しい。

みなさんのカード

本日もトライありがとうございました!

9度

10度

11度

サビアンシンボルからタロットのスプレッドやワークを作っています。「そのサビアンシンボルの意味を探る」のではなく、「その度数におけるその人の発達の状態」を読み解く取り組みです。しかし個人の発達状態を通じてサビアンシンボルの元型を透かし見ることもできるかもしれません。
参考にしているのはサビアン研究会での学びと、ルディア「An Astrological Mandala」「The Astrology of Personality」、ジョーンズ「The Sabian Symbol In Astrology」。

0 0 投票
Article Rating
通知
0 Comments
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る
nv-author-image

TAZN

タロット占いのご相談を受ける傍ら、タロットを使った魔術的ワークや自己探求のためのスプレッドを開発。 リーディングのコーチとしても活動。実践・研究の場「TAZNのタロットサークル」主催。 ゾンビタロットの使い手。 (TAZNのワークをイベントなどで使用したい場合はご一報ください)