蟹座27度「高価な家に埋め尽くされた峡谷の激しい嵐」

自然の驚異的な力が、裕福な人たちの家々を襲っています。峡谷は風がより強まる可能性も高い地形です。平時の安全や保護はもはや頼りになるかわからず、嵐の破壊的な力から身を守ることに成功したとしても、住人は自分の手に負えない力に常に挑戦され続けており、それに立ち向かわなければなりません。この危機を個人的なチャレンジと受け入れたとき、その人物は内なる理想や永続的な価値観を何らかの形で示すことになるでしょう。

この度数では、激変を促す制御不能な危機への挑戦と、それによる固定的な価値観の再考と内面的変容が要求されています。

26度では豪華な家でのんびり読書を楽しむ人々が描かれていました。ここでも豪邸が登場しますが、一転して嵐に見舞われています。しかし共同体を支える対価として特権を楽しめる、卓越した能力の持ち主であれば、この危機的な状況にも対処し、不屈の力を発揮することもできるでしょう。ピンチを利用してその能力をさらに劇的に表現しようとしている度数、とも言えそうです。

スプレッド

1.渓谷
2.嵐

渓谷は、おそらくもう頼れない、教育や保護された豊かな生活を通して身につけた基準や価値観です。

嵐は制御不能な危機的状況です。1のカードに湖底的価値観の再考を要求しています。

1は2に対し、内面的変容を遂げるための個人的挑戦をします。

リーディング結果

1.渓谷:隠者
2.嵐:教皇

隠者の渓谷。自分の興味あるテーマに深く入り込み、そこから学びを得ることにはもう頼れない。26度の「ソファで読書」の図がまたそのまま絵として登場しました。

教皇は嵐、より高い価値観を提示し人を導くことに関する危機的な状況と、それに対する挑戦。

ゾンビタロットでは、隠者はゾンビをシャットアウトして家の中に閉じこもり、教皇は安全な避難場所をアナウンスするテレビ放送を描いています。家の中に居続けることはできず、外に出て避難エリアへの移動が促されています。昨日退屈してひっくり返っていたカップキング逆のゲストたちも、嵐が来て俄然教皇化する道(大アルカナ化する道)を探ろうとやる気が出ているのかもしれません。

みなさんのカード

本日もトライありがとうございました!

25度

26度

サビアンシンボルからタロットのスプレッドやワークを作っています。「そのサビアンシンボルの意味を探る」のではなく、「その度数におけるその人の発達の状態」を読み解く取り組みです。しかし個人の発達状態を通じてサビアンシンボルの元型を透かし見ることもできるかもしれません。
参考にしているのはサビアン研究会での学びと、ルディア「An Astrological Mandala」「The Astrology of Personality」、ジョーンズ「The Sabian Symbol In Astrology」。

0 0 投票
Article Rating
通知
0 Comments
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る
nv-author-image

TAZN

タロット占いのご相談を受ける傍ら、タロットを使った魔術的ワークや自己探求のためのスプレッドを開発。 リーディングのコーチとしても活動。実践・研究の場「TAZNのタロットサークル」主催。 ゾンビタロットの使い手。 (TAZNのワークをイベントなどで使用したい場合はご一報ください)