蟹座10度「カッティングプロセスの第一段階にある大きなダイヤモンド」

大きなダイヤモンドはとても高い価値をもっています。しかし、まだカッティングが始まったばかりなので、ほとんど原石のままです。これから職人の手により美しいカットが施され、理想的で完璧な完成に向かいます。原石にとっては痛みを伴う作業ですが、それに見合った輝かしい結果が待っています。ダイヤモンドの原石は、理解の光が燦然と輝く、完全に形成された心の可能性を示しています。

カットされたダイヤモンドはそれ自体が完璧な美を持っています。8度うさぎのように模倣によって理想を目指すのではなく、原石そのものが理想に向けて磨き上げられています。

9度少女が裸の純粋さを持っていたのと似ていて、ダイヤモンドも他のなにかに覆い隠される必要のない透明度の高さ、純粋さを持っています。しかし少女や魚が柔らかく、はかなさを持っていたのに対し、ダイヤモンドは最高に硬度のある鉱物です。ちょっとやそっとのことでは傷つかない強さを持っています。

牡牛座23度のシンボルは「貴重な宝石でいっぱいの宝石店」でした。宝石は、強烈な火山の熱と圧力、長く厳しい自然のプロセスで作られた原石を、洗練された職人技でカットして磨き上げたもの。自然の力と人間の文化の両方の手によって作られたものと見てきました。8度で人間を模倣したうさぎ、9度で魚を追った少女、という自然と人間の関係性の統合が、この10度で示されているようです。作業が完成すればダイヤモンドは宝石店の中でも頂点に輝くものとなり、社会に対してその価値を証明します。

6度で新しい命のために準備された巣、7度で異世界から命を与えるイマジネーションがあり、8度9度では意識の成長や、人生の理解への好奇心によって心が育てられてきました。10度ではそれを環境に対してきちんとお披露目できるものに完成するための仕事が行われています。

この度数には、潜在能力を理想を完璧な形で実現するための厳しい訓練と、そのための職人技が示されています。

スプレッド

1.大きなダイヤモンド
2.カッティングプロセス

大きなダイヤモンドは、理解の光が輝く、完全に形成された心の可能性です。心の潜在能力と読めそうです。

カッティングプロセスは、その理想を完全に実現するための厳しい訓練、職人技を示しています。

リーディング結果

1.大きなダイヤモンド:カップ6
2.カッティングプロセス:カップ5逆

カップ6のダイヤモンド、輝かしい完全な感情交流の可能性が潜在している。カット作業が終わればこの感情交流が輝く。

カップ5逆のカッティングプロセス。ネガティブな感情、破綻した感情を取り除く、乗り越える厳しい訓練。

これはとてもわかりやすい並びで出ました。カップ5を解決することにより、カップ6へと完成させる。

みなさんのカード

本日もみなさまトライありがとうございました!

8度

なんだか死んだ人間の皮を着ているうさぎにも見えてきました…

9度

サビアンシンボルからタロットのスプレッドやワークを作っています。「そのサビアンシンボルの意味を探る」のではなく、「その度数におけるその人の発達の状態」を読み解く取り組みです。しかし個人の発達状態を通じてサビアンシンボルの元型を透かし見ることもできるかもしれません。
参考にしているのはサビアン研究会での学びと、ルディア「An Astrological Mandala」「The Astrology of Personality」、ジョーンズ「The Sabian Symbol In Astrology」。

0 0 投票
Article Rating
通知
0 Comments
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る
nv-author-image

TAZN

タロット占いのご相談を受ける傍ら、タロットを使った魔術的ワークや自己探求のためのスプレッドを開発。 リーディングのコーチとしても活動。実践・研究の場「TAZNのタロットサークル」主催。 ゾンビタロットの使い手。 (TAZNのワークをイベントなどで使用したい場合はご一報ください)